【DQ】ドラゴンクエスト ナンバリングタイトルの特徴と作品あらすじまとめ

ドラゴンクエスト(Dragon Quest)の歴代ナンバリングタイトルがどのような物語なのか、かなり簡単にあらすじをまとめてみました。

またその作品での新ギミック等、作品の特徴もまとめています。

ドラクエあらすじ一覧

ロトシリーズ(ロト三部作)

ドラゴンクエスト

(出典:楽天)

【物語】
伝説の勇者「ロト」の血を引く勇者として、「竜王」にさらわれた姫を救い出し、そして竜王を倒すことが目的

【作品の特徴】
シリーズ第一作。ファミコンでリリース。仲間がいない。ラスボスも1対1で戦う。

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

(出典:楽天)

【物語】
世界を滅ぼそうとする大神官ハーゴンを倒すために勇者の子孫3人が旅立つ。前作はアレフガルド一国のみが舞台だったが、本作ではそのアレフガルドを含んだ世界すべてが舞台となる。

【作品の特徴】
今後のドラクエ、RPGの特徴でもあるパーティ制(複数人での行動)や乗り物が登場。

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

(出典:楽天)

【物語】
ロト伝説の始まりの物語。魔王バラモス退治に旅立ち、消息を絶った勇者オルテガの息子が、16歳の誕生日に父の遺志を継ぎバラモス討伐に出発する。本作の勇者が装備していた武具が伝説のロト装備として語り継がれている。

【作品の特徴】
仲間を自分で作成するキャラクターメイキングシステムが特徴的。今後のドラクエにも多々登場する転職システムや昼夜の概念も導入された。

天空シリーズ(天空三部作)

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

(出典:楽天)

【物語】
人間を根絶やしにしようともくろむデスピサロを倒すため勇者が旅立つ。その道中、王宮兵士や王女、商人や踊り子が数奇な運命に巻き込まれ、勇者と共にデスピサロ討伐に向かう。

【作品の特徴】
全5章のオムニバス形式のストーリー進行が特徴的。馬車による多人数パーティ、AIによる自動戦闘も導入された。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

(出典:楽天)

【物語】
世界征服をたくらむ大魔王ミルドラースを親子3世代で討伐する物語。

【作品の特徴】
ハードが変わりスーパーファミコンに。親子3世代の長期ストーリーが特徴的。モンスターを仲間にし共に戦うシステムや、結婚システムも導入されている。また、隠しダンジョン・裏ボスは今作から登場した。

ドラゴンクエストVI 幻の大地

(出典:楽天)

【物語】
主人公たちは、自分のいる世界と、「幻の大地」と呼ばれる大穴の下の世界とを行き来しながら冒険をし、2つの世界ができるきっかけをつくった大魔王デスタムーア討伐に向かう。

【作品の特徴】
時間軸が異なる2つの世界を行き来しながら冒険を進める。『III』とは異なる転職システムが登場する。

単独作品

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

(出典:楽天)

【物語】
欠片化した不思議な石版を集めて、そこに封じられた未知の世界の数々を冒険する。その中で世界征服をたくらむ魔王オルゴ・デミーラの存在を知り討伐に向かう。

【作品の特徴】
ハードがプレイステーション(PS)に変更。町やダンジョンなどの表現にポリゴンを初採用。一番の特徴はゲームクリアまで100時間弱かかるボリューム。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

(出典:楽天)

【物語】
道化師・ドルマゲスによって呪いをかけられた王様と姫を元に戻すために、王宮の兵士である主人公が冒険に出る。道中でドルマゲスを操っていた黒幕である暗黒神ラプソーンの存在を知り討伐に向かう。

【作品の特徴】
キャラクターからフィールド背景に至るまで、全てがポリゴンによる完全3D表現となった。テンション上昇や、レベルアップ時のスキルポイントの振り分け、アイテム錬金システムがシリーズ初導入された。

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

(出典:楽天)

【物語】
天使である主人公は、ある日突然天使の力を失ってしまう。天界に戻るための旅をする中で、強大な力を持つ大天使エルギオスが人間に失望して反逆したことを知ったため、エルギオスの反逆を止めるために動き出す。

【作品の特徴】
DQシリーズ初の携帯ゲーム機となるニンテンドーDSでリリース。ワイヤレス通信によるマルチプレイが可能で、すれちがい通信を利用した本編以上のやり込み要素が話題となった。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

(出典:楽天)

【物語】
主人公が暮らしていた村を襲撃し壊滅させた冥王ネルゲル討伐の旅に出る。

【作品の特徴】
ドラゴンクエストシリーズ初のMMORPG(オンラインゲーム)。ハードはWiiとWindows。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

(出典:楽天)

【物語】
村で勇者の血をひくと言われていた主人公が「勇者は災いを招く悪魔の子だ」と言われ制裁を受ける。勇者が悪魔と言われるようになった原因を調べるため旅に出る。

【作品の特徴】
ロト3部作の過去の話のためロトシリーズに入る事もある。ハードはPlayStation 4、ニンテンドー3DSでリリースされ、それぞれストーリーやゲームシステム以外が全く異なる作品という事で話題となった。